Home > 2010年02月

2010年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

文章力向上本でも読もうか…

  • Posted by: ゆるがみ
  • 2010-02-22 Mon 20:52:05
  • レシピ
先日の記事でXレアの順番を現す数字が、私の所持枚数を現す数字に見えてしまったようです。
紛らわしい表現をしてしまったことを、深くお詫び申し上げますm(_ _)m
ちなみに、私はイスフィール2枚とメテオ1枚しか持っていませんのであしからず…w

こんばんは^^ゆるガミです。


さて、今回も公式ホームページで大会優勝者のデッキレシピが載せられていましたね。
『強い人のデッキはどんどんパクれ!』が信条の私ゆるがみwww
早速デッキ考察をやっていきたいと思います。

それでは、以下駄文が続きますがお付き合いください。





新弾環境下の戦いとなった今回の名古屋SC。
やはり注目すべき点は、各種勇者カードでしょう。
2コスト以下のアタックを完全に無効化させてしまうこのカード達、
それらがどのようなメタの変化をもたらすのか………


マスタークラス名古屋地区代表
製作者:布目 知也氏
デッキ名【らヴァ様最強!!】
スピリット*23
3 グリプハンズ
3 ブロンズメイデン
2 スケルバイパー
1 プラズバット
3 シャズー
3 天鎌の勇者ザンバ
3 冥剣士ベリト
2 幻龍シェイロン
1 ドラグザウルス
2 轟剣士レーヴェン

スピリット*13
2 サイレントウォール
3 ブラッディコフィン
3 デッドリィバランス
3 マインドコントロール
1 バスタースピア
1 イビルオーラ

ネクサス*5
2 主無き古城
3 千本槍の古戦場

~アタッカーの条件は3コスト以上???~
簡潔に結果だけ述べるならば、『遅くなった』の一言に尽きると思われます。
以前までメタの一角を担っていた【怪虫】達が忽然と姿を消し、
代わりに【コントロール】系のデッキが多くみられるようになりました。
(もう一人の代表者のデッキも3コスト多めに採用されており、非常に勇者を意識した構築になっています)

マスタークラス優勝者である布目氏のデッキにも『勇者ザンバ』が3枚挿されています。
マッハジーが採用されていないのも、勇者が原因でしょう。


~勝利の立役者、轟剣士レーヴェン!~
やはり、このデッキの注目すべき点はこの『轟剣士レーヴェン』という怪物です。
圧倒的な制圧力を誇るこのカードを軸に、コアコントロールカードを絡ませることで
柔軟な対応が可能になっているのではないでしょうか?

そのため、ネクサスが5枚と多めに盛られている所に特徴がでていますね。

破壊力は申し分ない『デスぺラード』をあえて採用しなかったのは
ガンスリンガーという対戦形式を意識したのでしょうか?
だとするならば、とても奥の深い構築であるといえます。




それでは、明日はもう一人の優勝者の緑デッキについての
個人的な意見を述べさせて頂こうかと思いますw

それでは、明日もゆるっていきましょう~

貧乏性

まだまだ寒い日が続いています。
そんな日はバトスピで熱くなるのが一番ですね^^

こんばんは、ゆるがみです。


皆さま、『天醒』のカードは全て手に入れられたでしょうか?
私は残念ながらXレアが全くと言っていいほど手に入らないので
コンプリートは達成できておりません。

ちなみに、今回のXレアは

1 アレクサンダー
2 ビャクガロウ
3 イスフィール
4 メテオヴルム

の四枚。
どれも、Xレアに相応しく『使いかた次第で化けるカード』ばかり。
(アレクサンダーは何の変哲もなく強いカードですが…w)
是非、各三枚ゲットしたいですよね~

しかし、経済的理由でXレアなんて集まらないよ~
という方も多いはず。(←自分のこと)

そんな方に是非お勧めしたいのは青の虚神カード『フェニックスゴレム』!

デッキが出来次第晒していこうと思いますので、宜しくお願い致します^^


ではでは、明日もゆるっていきましょう。

龍が翼を得たるが如し!………翼の無い龍………とかげ?

こんばんは^^ゆるガミです。

お!メテオヴルム当たった!
でも、一枚しかないや………どうしよう………

そうだ。ダン君のデッキをつくろう^^


【ダン単色~メテオヴルムを引くのは俺だ!~】
スピリット*24
3 リザドエッジ
3 ゴラドン
3 エリマキリザード
3 ロクケラトプス
3 アンキラーザウルス
3 サーベカウラス
3 昇龍バルムンク
1 雷皇龍ジークヴルム
1 龍星皇メテオヴルム
1 龍皇ジークフリード

マジック*16
3 ヴィクトリーファイア
3 フレイムサイクロン
3 エクストラドロー
3 リボーンフレイム
3 ライトニングオーラ
1 ダブルドロー

ほぼ完全再現してみました。
ちなみにテストプレイも行ってみたところ、ひとつ気付いたことが………

せつ子!それ激突デッキやない、ウィニーデッキや!

思わずそう叫びたくなってしまうことが判明。

加えて、昇龍バルムンクとかアンキラーザウルスとかゴラドンとか………
ハッキリ言って意味不明なカードが多すぎます(爆


ガチガチなトーナメントデッキ作りに飽きてしまった人や
カジュアル志向のプレイヤーの方は、こんなデッキを組んでみるのもいいかもしれません^^




ではでは、明日もゆるっていきましょう~

一つの区切りです

  • Posted by: ゆるがみ
  • 2010-02-15 Mon 21:19:26
  • 雑記
こんばんは^^ゆるガミです。


2月の大会ラッシュも終了。
慌ただしい半月でしたが、同時にとても充実したものだったと思います。

カードゲームはコミュニケーションツールの一種。
競い合うライバルや友人がいなければ、そもそもゲームが成立しません。
そんな当たり前なことを、この半月で再認識することができました。


大会を運営してくれる人がいて、対戦をしてくれる人がいる。

構築を指摘してくれる人がいて、練習に付き合ってくれる人がいる。


そのことさえ忘れなければ、まだまだ『バトルスピリッツ』を楽しんでいけそうです^^
(↑スタートラインにすら立てなかったヤツが何を言っているw)






さて、話は変わりますが、今日はリンク追加のお知らせです。

シェリー=ナイトレイさんの運営するブログである
~turn over a new leaf~ I wish・・・』とリンクさせて頂きました。

バトスピをはじめ、様々なジャンルの記事が魅力のブログさんです。
私ゆるガミも、暇さえあればチェックさせて頂いておりますw(←ブログのネタ探しも兼ねてw



それでは、今回は以上。
ぇ? 最近記事が短い?
うぅ~…………

明日もゆるっていきましょ~(←逃げ

おでこ=ケンゾウ

今日はバレンタインデー………いえ、
バトスピチャンピオンシップin名古屋代表決定戦です(笑

参加された皆さま、本当にお疲れさまでした~
今回会場では入場制限が掛けられるなど、大変な盛況ぶりだったそうです…(苦w
これも徐々にバトスピの魅力が世間に知れ渡っているという、表れでしょうね^^


こんばんは^^ゆるガミです。


今回の優勝は【紫ビート】が優勝したとの情報があります。
爆発力のある青よりも、安定感のある紫の方が、ガンスリンガーでは
有利だったということでしょうか?

優勝者のデッキレシピを期待して待ちたいと思います^^



話は変わりますが、
『少年激覇ダン』はやっぱり面白いですね~。
イイ意味で期待を裏切ってくれる展開が秀逸ですw
兵藤ケンゾーもかわいいですし………www



ではでは、今回は短めでしたがここまで。
明日もゆるっていきましょう~

鬱だ

スカイプ対戦やりたいな^^
はじめるにあたって、ウェブカメラなど周辺機器についての
アドバイス等ありましたら、コメントいただけると嬉しいです。
というか、お願いしますm(_ _)m

こんばんは^^ゆるガミです。


明日は、いよいよCS名古屋予選!
しかし!私ゆるガミは参加できません!(←ぇ?










当選通知と参加確認メールを間違えていたからです!(←ぇ?




















………Orz












明日はゆるって行ってきてください~(泣

リアル百瀬

でましたね~チャンピオンシップin北海道大会の優勝デッキレシピ^^
なんと、ヴァルハランスを軸にした【白ビート】がまさかの優勝!

カッコよすぎる!

では、そんな雪国最強デッキの考察をしたいと思います。


≪白ビート≫~メタ読み過ぎ~
バトスピチャンピオンシップ2010 札幌予選大会
優勝 『岡崎 隼弥』

【白銀の機神改】
スピリット*28
3 鎧神機ヴァルハランス
3 ワルキューレヒルド
3 鍵鎚のヴァルグリンド
3 デュラクダール
3 機海兵ゼーロイヴァー
2 天弓の勇者ウル
3 ガトリングスタンド
3 笛吹きのヘイムダル
3 ヒトデム
2 アンジェラフィッシュ

マジック*12
3 ドリームチェスト
2 ドリームリボン
3 サイレントウォール
2 ピュアエリクサー
2 キャバルリー

ヴァルハランスを攻めの起点とする、白のスピリットで構成されたデッキ。
大型、中型、小型と、マナカーブをキチンと作ることで、事故を軽減しているのでしょう。
しかし、なんといっても【装甲】持ちスピリットの多さには目を奪われてしまいますね。


装甲!装甲!装甲!
紫スピリットのコア除去能力は白にとって致命的な弱点なのですが
このデッキのメインアタッカーであると思われる、
ヴァルハランス【∞】、ワルキューレヒルド【実質∞】、デュラクダール、ゼーロイヴァーの4体には
【装甲:紫】が具わっているのです。

これにより、
流行りの【ロンデス】や【呪撃ビート】には互角以上の立ち回りが出来ることが予想されます。
(2コスト以下の呪撃スピリットに至っては、ウルが場に居るだけで、紙くずと化しますw)


ソーンプリズン<ピュアエリクサー
もう一つの流行りと言えば【怪虫リカバリー】なのですが、
このデッキにはピュアエリクサーとキャバルリーが積まれているのでまず問題ありません。
元々BPで勝っているのは白なので、緑としては相当厳しい戦いが強いられるでしょう。




今大会、緑と紫が大部分を占める環境となることは、誰もが予想していたことでしょう。

そこで、その両者に有利な【装甲;紫】と全体回復マジックを採用したこのデッキ。

ある意味、メタの完全読み勝ちと言えるのではないでしょうか?


万年不遇の色とされていた
白に大きな希望の光が射し込んだと言っても過言では無い今年の《北海道大会》
本選での『岡崎 隼弥』氏の活躍に期待するばかりです…



ではでは、明日もゆるっていきましょう^^

CS出場予定デッキ

  • Posted by: ゆるがみ
  • 2010-02-10 Wed 22:59:30
  • レシピ
こんばんは^^ゆるガミです。

はは^^壊れカードだ
その名も『ウィリアンスラッシュ』

【青ビート~ワンショットキル~】

スピリット*21
3 ウィゼーブ
3 バーナルド
3 グライノス
2 カイオー
3 レーヴェン
2 アレクサンダー

3 マッハジー
2 ヴォルザ

マジック*11
2 ウィリアンスラッシュ
2 サイレントウォール
3 ソーンプリズン
1 ストームドロー
3 ストロングドロー

ネクサス8
3 命の果実
3 転召の祭壇
2 千本槍の古戦場

ソンプリ→ウィリアンでゲームセット。
ただそれだけ。

ウィゼーブ→千本槍の黄金コンボはガチ。
レーヴェン、アレクサンダーは優秀すぎるスピリット。



今回は壊れ!ということで少し文章も砕いてみましたw


ではでは~

斜め読み推奨

まだまだ、肌寒い日が続くようです、風邪などには十分に注意して
このバトスピ大会シーズンを乗り切りたいですね。

こんばんは^^ゆるガミです。


今日は、強くなるにはどうすればいい?
ということについての私の意見を述べたいと思います。

あまり勝ち負けに拘るスタイルは好きではないのですが………やはり勝負の世界………
大人気なく勝ちに行くことも大切なのではないでしょうか?w

それでは、以下駄文が続きますが、お付き合いください。



強い方のデッキは積極的にコピーしましょう

もし、この記事を見ているあなたがバトスピを始めたばかりの初心者ならば
もっと質の良いブログを調べ、そこに書いてあるデッキレシピを完全にコピーすることをしてください。
カードが足りないのであるならば代用のカード、所謂『プロキシ』を使ってでもコピーしてください。

それが強くなるための近道です。

多くのバトスピブロガーの方は『自分の強いと思った』デッキをインターネット上に晒します。
それがどんなものにせよ、その人なりの理論がある、または其れなりの実績を上げたので
皆に見てもらいたいのです。
(まぁ、例外もありますが………ヒント:『ゆるませていただきます』)

例えば、バーサーカー・ガン<ラタトスカ

のように、明らかに下位互換のカードを採用するといったことは『初心者』にありがちです。
そういったことをしない、という意味でも、強いデッキを使うということは大切なのです。

    

ショップバトルに出場しましょう

すみません。たいへん失礼なのですが、コアリーグ本選の時
『見知らぬ顔』の人は、『顔見知り』の人に比べて、あまりレベルが高くない傾向がありました。
(もちろん、顔も知らない強い人なんてざらにいますが)

デッキ構築に関して相談できる人がいる環境は、やはりそうでない環境に比べて
デッキ自体の完成度に違いが出てしまいます。

例を挙げるならば、
MTGなどの有名なチームでは、チーム内で同じようなデッキを使い、そのデッキが
どんな風に強くて、どんな風に弱いのかを徹底的に調べるという手法で
デッキの完成度を高めていました。(バトスピでそこまですることはありませんがw)

そうでなくとも、プレイングや構築に、指摘をしてくれる人がいるだけで
大きく違いがでてくると思います。


勝ちに拘らない

カードゲームは運の要素が非常に高い娯楽だということを忘れないでください。
デッキは40枚、キーカードは3枚。
引く確率よりも、引かない確立の方が遥かに高いのです。

それが嫌ならば、囲碁や将棋をしてください。
それが嫌ならば、スポーツをやりましょう^^

逆を言えば、強くなるためには、運の要素を排除することが大切なのです。
その手段として、前述の①や②があるのです。




え?つまらない?
そうですね、こんなこと考えてる暇があったら、こう言いましょう!

バトスピやろうぜ!


以上、駄文長文失礼致しました。
ではでは、明日もゆるっていきましょ~

2010広島大会デッキ考察

こんばんは^^ゆるガミです。

突然ですが、『Dimension walker』というインターネットサイトをご存知でしょうか?

その名の通り≪ディメンションゼロ≫というカードゲームのページです。

その内容は、日本選手権大会優勝者のデッキ内容についての、
詳しい解説と、独自の考察をコラムとして公開しています。
その素晴らしい情報量と考察の完成度のため、
D-0プレイヤーの方ならば、一度は覗いたことのがあるユーザーサイトなのではないでしょうか?

今日は、そんな、『Dimension walker』さんのコラムの一つである
大会優勝者のデッキを、考察と共にご紹介するコーナーを真似ていきたいと思います。



≪怪虫リカバリー≫~虫だけが強い訳じゃない~
バトスピチャンピオンシップ2010
優勝 『谷本 一平』

【ツクシンモア最強】
スピリット
3 バットホッパー
3 兵隊アントマン
3 働きアントマン
3 ミツジャラシ
3 マッチュラ
3 クロスシザース
3 エメラルドシーザー
3 ハングリートゥリー
3 アメンボーグ
3 マッハジー

マジック
3 フロックリカバリー
3 バインディングソーン
3 ソーンプリズン
1 ストームドロー

6弾が発売されて以来、環境を高速化させていた【怪虫リカバリー】
ガンスリンガーという大会形式上このデッキタイプが多くつかわれることは予想されていましたが
この『谷本 一平』氏のデッキはひと味違うようです。

・ハングリートゥリー?用心棒?
同じコスト帯であるこの二枚のカード。
コストパフォーマンスの面で見ると用心棒アントマンがやや優秀であり、
加えて系統も【怪虫】なので、一般的にこちらの方が正解ではないかと思われます。
(私は6弾環境ならばどちらも採用しませんが………)

しかし、『谷本 一平』氏の選択は『ハングリートゥリー』

これは対【怪虫】のミラーマッチを意識したためでしょうか?
確かに手札補充のきかない緑系のデッキ同士では、手札一枚の違いがそのまま勝利に繋がると
いったことも少なくありません。
そして、このカードの採用によってマッチュラとハングリートゥリーの
手札破壊6枚体制が出来上がるということです。

デッキ名から推測するに、おそらく以前に『ツクシンモア』が採用されていたのではないでしょうか?w
そうなれば手札破壊9枚となる為、従来の【怪虫リカバリー】とはひと味違ったモノになっていたでしょう。


マジックに関しては何も言うことはありません。
怪虫リカバリーのお手本ともいうべきカードチョイスですね。

ネクサスは『命の果実』を採用しない形です。

ライフを削れないネクサスは時に手札事故の原因となります。
ゲーム終盤で、スピリットを引ければ勝ちという場面でマジック・ネクサス
を引いてしまっては本末転倒というもの。
長丁場のチャンピオンシップでの闘いを念頭に置いた洗練された構築といえます。



以上。少々デッキ考察とは言い難いものになってしまいましたが
ご容赦くださいm(_ _)m

ではでは。明日もゆるっていきましょ~^^

お疲れさまでした

こんばんは^^ゆるガミです。

『大明神杯in中部』に参加した皆さま、
お疲れさまでした~。
大会参加こそ叶いませんでしたが、自分自身本当に充実した一日を過ごせたと思っています。


当日はスタンダードクラスのジャッジ(?)兼、ナゾオトナとして参加したのですが
本来一番楽しむべき子供達以上に、バトスピを満喫してしまいましたwww
それこそ、来週の名古屋CSに向けた良い調整の機会になったと感じています。

ちなみに、戦績は29戦16勝13敗(←正確な数字のはずです

ジュニアプレイヤーの質の高さに驚いた次第です。
その中でも名古屋のジュニアプレイヤーは頭一つ抜けているといったところでしょうか?
(実際、優勝者は小学5年生という………………)





まぁ、そんな事よりも今日の少年激覇ダンを見逃したことのほうが
ショックだったりするのですが………(爆w



ではでは、今回は以上。



え?ショップバトル?

一回戦目で、軽く『栄光の表彰台』にボコボコにされましたよ~っと^^


明日もゆるっていきましょう~

勇者のくせに…

最近のマイブームとしてプレイしている『勇者のくせになまいきだor2』紹介です。

自分は世界征服を目論む『魔王』のため、
破壊神としてダンジョンを創っては、魔物を生産し、そして次々とやってくる『勇者』の魔の手から
『魔王』を守ってやる。という少しシュールなシュミレーションゲームです。

興味のある方は、一度プレイしてみてはいかがでしょうか?



こんばんは^^ゆるガミです。


なぜ、そんなゲーム話をしたのか?と聞かれれば
今日発売の『天醒』にも各色に『勇者』のカードが収録されていますよね?と答えます。


場に存在するだけで各種【ウィニー】デッキを否定できるこのカード達。
速攻系のデッキで無くとも、『マッハジー』や『アメンボーグ』などの神速系スピリットの
アタックを完全にシャットアウトしてしまいます。

加えて、紫速攻などで頻繁に採用される
『ストレイトソウル』や『レッドキャップ』などの優秀な呪撃スピリットまでもが
『勇者』たちによって血祭りにあげられてしまいます。

まさしく『勇者のくせになまいきだ』と言えるのではないでしょうか?w




さて、話は変わりますが
いよいよ明日は『大明神杯in中部』です!

私今回はスタッフとしての参加となりますが、既にテンションは最高潮に達しています(笑
(それだけに、午前中に顔を出せないのが悔やまれますが…)

当日予約なしの参加もOKということなので、まだまだ間に合います。

是非、ご参加ください!

『バトルスピリッツの最高峰』を体感する、またとない機会なのですから^^


ではでは、明日はゆるっていきましょう!

サザエさん


こんばんは。ゆるがみです。

環境が大きく変わる予感………
そんな中、全国各地の強豪プレイヤーが集まるといわれる
『大明神杯』は相当ハイレベルな闘いになりそうですね。

そして、今週末に迫った『大明神杯in名古屋』
なんと実はこの日、殆どの愛知県内のSBは開催されません!
(気になった方はバトスピ公式ホームページから愛知県のところをクリックしてください。)
本当にいよいよといった緊張感ですね^^


さ~て、当日使おうと思っているデッキは~
【天霊!~クラッキーのデッキ~】
【激突王!~ダンのデッキ~】
【ホウオウが!~緑の女の子のデッキ~】
の三本です!

ジャンケン~~~~~~ポン!(チョキ)うふふふ~

こんなんばっか

こんばんは^^ゆるガミです。

フライングゲットー!!
と言いたいところでしたが、金銭上の問題によりガチャをスルーしてきました^^
私意外にも華麗なるスルースキルが身についていたことに感心しました(笑



いよいよ、今週末は『大明神杯in名古屋』が開催されます。

最強プレイヤー決定戦ともいえるこの大会なのですが、
腕に覚えのある方も、そうでない方々も
一丸となって『楽しめる』 そんな大会になることが予想されます^^


勝つことに意義があるのではありません。
参加することに意義があるのです! byゆるガミ
 






















私は午後からのサポートという形になるようですが………(爆死w
(しかも、ジュニアプレイヤーにボコボコにされる役のようで…w)



う~ん。最近こんなオチばっかですね………。
ではでは、明日もゆるっていきますか!

メテオヴルム散る!?

巷ではフラゲ情報が流れている模様^^
みなさん、ホントにバトスピ好きですね~(←人のこと言えないが

こんばんは^^ゆるガミです。


黄色のXレアカードはやはり『大天使』だったようです。

能力は、バトル時に無料でマジックを使う効果に加え
そのマジックをコピーしてもう一度効果を発揮させる効果とのこと。
新効果の【聖命】までもっているので、今後注意が必要なXレアになるのではないでしょうか?

クラッキー・レイ歓喜の一枚ですねw
(他の大天使同様にそこまで可愛いカードではありませんが…w)



ということは……………
今回の残念Xレアはメテオヴルムに決定ですねw




ではでは、明日もゆるっていきましょう~

机上の空論

  • Posted by: ゆるがみ
  • 2010-02-01 Mon 18:48:19
  • レシピ
新弾発売間近にデッキを晒すアホが居るようです………

こんばんは^^ゆるガミです。

昨日のショップバトルで使用したデッキです↓
【新式パンデミウムビート】

スピリット 23
3 グリプハンズ
3 ブロンズメイデン
3 スケルバイパー
3 双頭ヘビ
3 シャズー
1 ミストウィゼル
3 魔界七将パンデミウム
3 マッハジー
1 ドラグサウルス

マジック 15
3 ブラッディコフィン
2 デッドリーバランス
3 ソーンプリズン
3 サイレントウォール
2 ヴィクトリーファイア
1 ライフチェイン
1 イビルオーラ

ネクサス 2
2 千本槍の古戦場

解説:
新弾発売が迫り、新しいデッキを考えるのも面倒な今日この頃、
いつものように身内でフリー対戦していたときに、ふと思ったことがひとつありました。

『ソーンプリズンとかヴィクトリーファイアとかサイレントウォールって強いんじゃね?』

基本的に1対2交換の出来るカードは強いのです。
サイレントウォールにしても、カードアドバンテージこそ取ることはできませんが
時に1対2交換以上の働きをしてくれる優秀なカードです。

だったら紫でハンドアドを取りつつ、その手札を効率よく盤面に還元していければ
最終的には有利な状況を作り出せるのでは?
と、思い立ったのがこのデッキを作るキッカケなのです。

そして、その理論に【パンデミウムコントロール】
の概念を取り入れて出来たのが今回のデッキなのでした。


















まぁ………強いかどうかは全くの『別問題』なのですが……………(爆死w



ではでは~明日もゆるっていきましょう^^

Index of all entries

Home > 2010年02月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。